人生ケセラセラでいこう!

脱サラした夫と知的障害・自閉症スペクトラムの息子、2匹の猫との生活

猫(あ~ちゃん)が脱走した時のこと

まだムシャぼうを迎える少し前、去年の年末の忙しい時期でした。

 

あ~ちゃんが脱走したのは・・・

 

元々野良猫で、うちにもしょっちゅう顔を出していたあ~ちゃん。

家猫になって5年ですが、外には出さずに室内で飼っています。

窓から見える風景では物足りないようで、外に出たいんだろうなと思う時もありました。

 こんな感じで。

f:id:tmofumofu:20190725163929j:plain

なので、時々、抱っこして一緒に外に出て鳥を見たり、日向ぼっこしたりしていました。不思議と下に降りようとはせずに、私の腕の中で大人しくしています。

 

その日も同じように抱っこして外の風景を見ていたのですが・・・。

家の前の道を子供が2,3人、すごい足音を立てて走ってきたのです。

 

・・・・バタバタバタバタバタバタバタバタバタバタ・・・

 

その音にビックリしたあ~ちゃんは、私の腕の中をスルリと抜けて猛ダッシュで逃げていきました。

( ゚Д゚)・・・。

 

まだ近くにいたので、名前を呼びますが戻ってきません。

どうしようと思っている間に、走って家の裏の方に逃げて行きました。

 

こりゃやばい。。。と思い、困ったときのちゅーるを片手に家の半径50メートルくらいを探し始めました。

そんなに遠くにいかないと思うけどなぁ・・・と歩いていると

 

いた!!!ブロック塀の上に発見!!(=^・^=)

 

すぐさまちゅーるを出しておびき寄せ作戦に入ります。

きたきた・・・きました・・・そこまできました。

「ほら、あ~ちゃんの大好きなちゅーるだよ!もっとこっちに来て!!」

すると、あんなに大好きなちゅーるのにおいをクンクンだけして、

食べずにまた塀をUターン( ;∀;)

「そっちじゃないよ~。。。」

私の心配をよそに、なんだかウキウキ楽しそうな感じ・・・。

あ~ちゃんの目が野生の獣の目に変わっているような。。。

悪い目してるなぁ・・・。

 

野良だった頃を思い出しちまったか~・・・。

  

年の暮れ・・・。

夕方暗くなるのも早く、いっそう寒くなってきます。

このまま捕まえられなかったらどうしよう・・・( ノД`)

完全に私が悪い・・・。

 

一旦家に戻って捕まえる方法を落ち着いて考えよう。

 

その頃、テレビでいなくなった猫を探します。という番組があって

猫探偵?の人が実践していた方法をいくつか思い出しました。

よし、もう一度探しに出ていなかったらその方法をやってみようと、今度は子供と一緒に探しに行きました。

もふもふ 「このままあ~ちゃん戻って来なかったらどうしようか?」

子供 「お家で死んだらそれを見るのが悲しいし、もし帰ってこなくてもどこか外でずーっと生きてるって思っとけば悲しくない・・・。」

 

その言葉を聞いて思わず泣きそうになりました。。。

 

知的に障害のある子供だけど、あ~そんなふうに考えているんだなぁとしみじみ思いましたね。

結局その時は見つからず家に戻りました。

 

脱走してから2時間くらいたった頃でしょうか。

夫から電話がきました。(もちろん夫にも脱走のことは連絡済)

 

「おまえの車の下におる!!」

 

仕事から帰ってきた夫が私の車の下にいるあ~ちゃんを見つけたのです。

玄関を開けると、車の下に香箱座りをしているあ~ちゃんがいました。(=^・・^=)

「あ~ちゃん!!」 

というと、車の下から出てきてそのまま家の中に入っていきました( 一一)

 

ほんと無事に帰ってきて良かった。ケガしてなくて良かったと。。。

 

その時のあ~ちゃんの状態ですが・・・。

毛にいろんなものが引っ付いていて・・・なんかベタベタする。。。

どこ探検してたんだよ・・・。

シャワーは嫌いなので、濡れタオルで綺麗に全身を拭いてやりました。

 

これ以降、抱っこ散歩ができなくなったのは言うまでもありません。

うちもハーネスとリード買おうかな・・・(^^♪

 

 これ脱走後です。

f:id:tmofumofu:20190901045124j:plain

久しぶりの遠くまでのパトロールは疲れたニャー(=^..^=)

 

ご苦労様です!!