人生ケセラセラでいこう!

脱サラした夫と知的障害・自閉症スペクトラムの息子、2匹の猫との生活

私の憧れの女性

ãè¦ã¦ããã ãã§åæ°ã«ãªãã²ã¾ãã | ã±ãããããªã¼ç´ æãã®åç

 

こんにちは。もふもふです(#^.^#)

 

皆さん、憧れの方っていらっしゃいますか?

私は、こういう女性になりたいなぁという方がいます。

 

以前働いていた派遣先の方なんですが、いつも笑顔で和かな

愚痴を言ってるところなんか聞いたことがなく、

そして、なんでもポジティブに考える女性の方です。

 

私とは正反対です。

私は、思ってることがすぐ顔に出てしまうので・・・(-_-;)

いつも笑顔って難しくないですか?

 

しかも、毎日往復2時間、車通勤されています。

車の長時間運転が苦痛なもふもふにとっては、

それだけでもすごいと感じてしまう!

 

親しくさせていただいて、いろいろ話をしていくうちに

5年前にがんの手術をされて、今も月に1度は通院されているということでした。

私もそのことを言われるまでは、全く気付きませんでした。

 

5年前の入院中も、せっかく休めるのだからこんなチャンスは滅多にないと

病室に編み物セットを持ち込んでたくさん小物を作ったそうです。

 

「結構、看護師さんに評判良くてね~。いくつか置いてきたんよ~(^o^)」

 

と笑いながら話してくれたのを覚えています。

その時、私には無理だな・・・。

自分が同じ立場だったら、病気のことばかり考えてしまう・・・と。

 

退院後も抗がん剤治療を受けながら、仕事も続けていらっしゃったようで

辞めようとは思わなかったんですか?とお聞きすると、

 

「仕事してた方が気が紛れるしね~。ちょっとキツいときもあったけどね。」

と。

お子さんもその頃はまだ4、5歳くらいだったんじゃないでしょうか。

がんの治療をしながら、仕事をして子育てをして・・・。

 

ニコニコしている彼女の周りは、いつも賑やかでした。

私が派遣先を辞める1年前に、部署が変わってしまったため

それからはなかなか会う機会がなく、辞める日挨拶に行くと

 

「えーーっ??なんで?なんでよ〜(>_>)」

 

とびっくりされていました。

 

今はもう会うことはありませんが、時々話をしたくなるときがあります。

その方と話をすると元気になれました。

いつも笑っていられました。

 

あ~私もあんな人になりたいなぁ・・・と憧れを持っているけれど、

なかなか難しい・・・(-_-;)

 

憧れの女性への道はほど遠いです。。。