人生ケセラセラでいこう!

脱サラした夫と知的障害・自閉症スペクトラムの息子、2匹の猫との生活

「人の役に立つ」ということ~知的障害と自閉症スペクトラムの息子の将来~

こんにちは。もふもふです(#^.^#)

 

節子みたい?

本格的に暑くなってきましたね~。

とうとうこの暑さに我慢できずに切っちゃいました。

髪の毛!

  tmofumofu.hatenablog.com

  

この記事をあげたのが7月5日。あれから3週間・・・。

ようやく耳だし、襟足刈り上げを実行できました(*^。^*)

快適です。首の日焼けに注意ですが・・・(^_^;)

夫には、

「おまえはせっちゃんか?」

と突っ込まれ・・・。

「せっちゃん」とは火垂るの墓に出てくる節子のことです。

 

f:id:tmofumofu:20190725200718p:plain

 

そうだね・・・こんな感じ。。。

しばらくはこれでいきたいと思います(#^.^#)

 

息子と2人きりの夏休み 

夏休みに入り毎日息子と2人っきり。。。

夏休み平日に私が家にいるのも3年ぶりで、

今までは仕事のため、夏休みは息子は1人で留守番をしていました。

お昼はお弁当を作っていたので(息子はこれを「おうちお弁当」と言います)

おうちお弁当を食べ、私の帰りを待っていました。

寂しいかな・・・と思いきや、1人の時間も楽しいようでそれなりに過ごしていたようです。

 

もちろん、手伝いもいくつかしてもらい、洗濯物を取り込んでそれぞれの

場所にしまっておいてもらったり、自分が食べたぶんの皿を洗ってもらったりと

働いている私にとっては、とても助かっていました。

 

私たちもそうですが、息子もやはり「人の役に立つ」ということが、

とても嬉しいようで、何度も

「役に立ってる?役に立ってる?」

と聞いていました。

今は私も家にいますが、この洗濯物の手伝いはやってもらっています。

時間はかかりますが、タオルとか私よりも丁寧にたたむんですよね(^_^;)

大雑把な私は大助かりです。

 

障がいのある息子の自立 

こうして少しずつ、生活していく術を身につけていってあげることが

障害を持った息子が、将来自分らしく生きていくために必要なことだと

私は思っています。

 

もちろん、障害の程度や状態は人それぞれ違います。

それぞれに合った支援が必要です。

そして、私自身が自分一人で悩みを抱え込まないように、

相談できる人を身内以外にたくさん作っておく。

 

私の経験上、このような相談を身内にしても逆にイラッとしてしまって

じゃあ代わりに育ててみてよ!と思ってしまったり・・・。

おっと、また愚痴になりそうな感じになってしまいました・・・(^_^;)

 

実際に障害のある方と関わっている方々や、障害者の家族の方、

そして専門的な知識のある方々の意見を参考にしながら、

息子にはどのような支援が合っているのか、最終的に決めるのは親である

私たちです。

なので身内には、相談ではなく決めたことを話すようにしています。

 

また、将来息子がグループホーム等に入ろうと思った時に、

料理はお手伝いをしてくれる人がいるとしても、

自分の身の回りの掃除や洗濯は自分でしなければいけません。

(私の知ってるグループホームは・・・です。)

そして健康管理も自分でしなければいけません。。。

 

さいごに

私たちが元気な間は一緒に住むこともできますが、

いずれは離れて暮らすことになります。

その時のことを考えて、今から少しずつでも出来ることを増やしてあげたい。

自分で出来ることはなるべく人の手を借りないでもできるように、

でも、どうしてもできないことは、ちゃんと

 

「出来ないので、助けてください。」

 

と周りの人に相談できるようになってほしい・・・。

そして、誰かに助けてもらったり、何かをしてもらったら

 

「ありがとうございます。」

 

と感謝の気持ちを言えるようになってほしい・・・。

 

 

 

 

まだまだ先は長いぞ~!!(#^.^#)

 ソファでくつろぐ猫

 気長にいくニャ~(=^..^=)