人生ケセラセラでいこう!

脱サラした夫と知的障害・自閉症スペクトラムの息子、2匹の猫との生活

就労移行支援事業を利用したアセスメント実習

アセスメント実習に使用する文具

こんにちは。もふもふです(#^.^#)

 

支援学校高等部3年の息子(知的障害と自閉症スペクトラム)は、

今日から2週間の実習に入ります。

実習といっても今回はいつもとはちょっと違います。

 

アセスメント実習とは

卒業後、就労継続支援B型を利用したい生徒は、あらかじめ就労移行支援事業を利用して

アセスメントを受けなければいけません。(地域によって違うと思います。)

私も参考にさせていただいているちょこさんのブログですが、

就労支援についてわかりやすく書いてあります。


www.choco-happy.work

 

息子は、前回実習に行ったB型事業所で働きたいということを話していたので、

学校に相談すると、アセスメントを受けてくださいということでした。

いつも福祉サービスを利用するときに、お世話になっている相談支援事業者の担当者に

連絡をすると、夏休みを利用してアセスメントを受けましょうということになりました。

少し前までは、このアセスメントは必要ではなかったみたいですが、

最近ではB型事業所を利用するときには必須のようです。

 

2週間の実習の間に、自分はどんな職業に向いているのか、

苦手なこと得意なことは何かなど,実技作業やペーパーテストを受けながら

その評価等を参考にして今後の進路を決めていきます。

一般就労ができるのか、それとも就労継続支援A型やB型で経験を積んだ方が

いいのかというアドバイスもいただけます。

 

息子の様子

息子は今日はいつになく緊張していました。

初めての場所、初めての人、どんなことをするのかわからない・・・。

相当のストレスだと思います。

それ以上に母親である私もいろいろと不安ですが、

それを見せては息子がもっと不安になるといけないので、

「大丈夫!いつも通りで大丈夫!!出来ないことは出来ないでいいんだから(^.^)」

と明るく送り出しました。

 

さいごに

今日から2週間、送迎とお弁当作り私も頑張らなければ・・・(^_^;)

熱中症など体調を崩すことのないように無事に終わってくれればいいなと

思っています(#^.^#)