人生ケセラセラでいこう!

脱サラした夫と知的障害・自閉症スペクトラムの息子、2匹の猫との生活

知的障害と自閉症スペクトラムの息子の備忘録1【誕生から3歳まで】

おはようございます(#^.^#)

 

近所の中学校ではこの週末、運動会が行われる予定でしたがどうやら今日はお天気がいまいちみたいです。

今日やるのかな?明日に延期かな?

 

この中途半端な天気がお母さんには一番困るんですよね~。

お弁当作りがありますから・・・😅

 

新学期が始まってすぐ運動会の練習が始まり、1週間後には本番。

中学生にもなると、練習にそんなに時間は割かないみたいですね。

 

 

9月に入ってもう1週間が過ぎました。

もうすぐ知的障害と自閉症スペクトラムの息子が18回目の誕生日を迎えます。

早いですね。いろいろありましたが、本当にあっという間に18年・・・。

 

そこで、この18年間を振り返って息子の今までの成長の記録と、私の思いを簡単に書いていきたいと思います。

  

息子の誕生

息子は2001年9月に私の実家である宮崎の病院で産まれました。

私が25歳の時です。

息子の誕生日は、以前記事にも書いた祖父と同じ日です😊

祖父もとても喜んでいたました。 

www.mofumofu.pink

 産まれて3日目に発熱

38度超えの熱が出て、私が入院していた産婦人科とは違う総合病院に息子は転院しました。

原因は子宮内感染症

この時のことが息子の障がいに何か関係したのだろうか・・・とずっと考えていました。

たぶん関係はないんでしょうけど。。。

 

私の方が先に退院したので、息子が入院している間は毎日、病院に絞った母乳を届けにいきました。

母乳はよく飲んでくれていたようで、少しだけ安心しました。

 

産まれてすぐバタバタしましたが、2週間ほどして息子は退院することができました。

 

1歳頃までの成長

・3ヶ月健診・・・まだ首がすわっていなかった。(4ヶ月頃ようやくすわる)

・6ヶ月健診・・・おすわり、寝返りがまだ出来きず1ヶ月後再診となる。

・再診時・・・おすわりは不安定ながらなんとか出来る程度。寝返りはできるようになる。

・1歳健診・・・まだ歩けない。つかまり立ちはようやくできるようになったが、つたい歩きはできない。 

 

こうやって書き出すと、成長はかなりゆっくりめですね😅

ただ離乳食も順調に進み、そこまで気にしてはいませんでした。

 

気になる事といえば、異常なほどの人見知りと後追いをしなかったこと。

指さしもあまりしていなかったような気がします。

 

人見知りが激しいせいで、買い物に一緒に行くとお店で大泣き。

話しかけられるともっと大泣き・・・😅

外出するのが大変な頃でした。ただ育児自体は楽な方だったと思います。

 

人見知りと言えば、息子をベビーカーに乗せて散歩をしている時に、前方から夫が歩いてきました。その夫に対してギャン泣きしたのを今でもはっきり覚えています😅

 

2歳頃までの成長

 歩き出したのは1歳4ヶ月の時

やはり遅めですね。

びっくりしたのが突然スクッと立ち上がって、スタスタスタと歩き出したことです。

たどたどしい歩き方ではなく、しっかりとした足取りです。

あまり転ぶということもありませんでした。

 

 言葉が出るのも遅かった

なかなか言葉が出ませんでしたが、「男の子は言葉出るの遅いから~」という声もあり

気長に待ちますよ~という感じでした。

 

 人生初の入院

クループ症候群にかかり入院しました。ただ、そこまで酷くはならず3日間の入院で済みました。

この時が初めての発熱です。初めての発熱で入院とか、母はそれを聞いて宮崎からすっ飛んできました😅

medicalnote.jp

 

3歳頃までの成長

 言葉もようやく出始める

他の子供に比べるとやはりちょっと遅かったと思います。

それだけでなく、言葉の数も少なかったです。

こちらの言っていることは伝わっていようなので、家の中でのコミュニケーションに関しては特に困ったことはありませんでした。

 

 音楽大好き

音楽が大好きで、よくテレビの幼児番組を見てはノリノリで踊っていました。

ただ、クレヨンで絵を描いたりコップで水を飲んだりすることが苦手でした。

 

 オムツも外れる

トイレトレーニングも順調で、おまるから始め、少しずつ普通のトイレで出来るようにしていきました。

おむつが外れたのは3歳になる前で、パンツにしてから夜のおねしょが心配でしたが、おねしょを1回もすることがなかったのが今思うとビックリですね😅

 

ちなみに、オムツが外れ普通のトイレでは立っておしっこをするんだよと、男の人のおしっこの仕方を教えたのも私です。

実際やっては見せれませんが・・・😅

息子と一緒にトイレに入って、こうやってこうやって・・・と手取足取り。。。

 

夫にももう少し、いろんなことを協力してほしかったですね。

 

 お友達にあまり興味がない

日中は3歳くらいまでの子供たちと親が一緒に遊べるようにと、市の児童家庭課が解放している場所へよく通っていました。

同じくらいの歳の子供たちが来るのですが、あまり一緒に遊ぶということはなく1人で好きなことをしている感じでした。

 

一度、児童家庭課の方に心配なことを相談したことがあるのですが、息子の様子を見て「大丈夫だと思いますよ。しっかり目も合うし、おもちゃもちゃんと遊び方をわかっている。読み聞かせの時も静かに座って聞いていますしね。」

とおっしゃっていましたので、私も少し安心したところはありました。

 

 3歳児健診で大泣き

健診の時、人がたくさんいることにびっくりしたのか、終始大泣きでした。

 

体重を計るときに私から離れず、「お母さんが抱っこしてあげて体重計に乗ってください。

あとからお母さんだけ乗ってもらって 、差を出しますから」

えっ?私の体重わかっちゃうわけ?😵

と思いましたが仕方がない。

乗りましたよ…😅

 

汗だくになりながらの健診でした。

帰ったら息子だけでなく、私もグッタリでした😖

 

さいごに

3歳までは成長はゆっくりめだけど、特に健診等で指摘されるわけでもなく、こんなもんなんだろうな…くらいにしか思っていませんでした。

 

息子はどちらかというと、おとなしいタイプです。

多動の兆候などがあればもっとわかりやすかったのかもしれませんが、この時期に診断してもらうのはまだ難しかっただろうな・・・と思っています。

 

次回は、4歳から小学校入学までを書いていきたいと思います。

幼稚園に通う頃から、周りと比べて出来ることと出来ないことの差がはっきり見えてくるようになります。

 

おまけ

昨日のこと。

家の外に出たら、よくうちに来る猫が倉庫の屋根の上から私を呼んでいました。

青空と猫がとてもマッチしていて綺麗だったので、思わずパチリ📷

猫が屋根の上に上っている

 お~い!おまえも上がってこい二ャー😸