人生ケセラセラでいこう!

脱サラした夫と知的障害・自閉症スペクトラムの息子、2匹の猫との生活

右肩に石灰が溜まって痛すぎた話

コスモスの花

こんにちは(#^.^#)

 

皆さんは、肩に痛みはありませんか?

私の年齢になると、周りでも四十肩とか五十肩とかいう言葉をチラホラ聞きますが😅。

 

今日は、四十肩とか五十肩ではなく、私が経験した石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)について書きたいと思います。

 

事の発端

私がまだ派遣社員として働いていた頃の話です。

それまでも右肩にちょっと違和感があったのですが、そこまで気にするような痛みとかもなかったので、そのままにしていました。

 

ある日、朝起きると右肩に激痛が走ります。

右腕を使って起き上がることができないくらいの痛みです。

ようやく起き上がって歩こうとすると、それだけで右肩に激痛が・・・😖

右肩を下ろしているだけで痛みがあります。

左手で右腕を支えておかないと歩けません。

 

右腕が全く使えない状態になりました。

仕事ではパソコンを使っていましたし、マウスがにぎれない、キーボードが打てなかったので、その日は午前中で早退させてもらい病院へ行きました。 

 

午後病院へ

痛い右肩を庇いながらなんとか病院へ行き、レントゲンを撮ってもらうと肩関節の上の所に白い影がうつっています。

先生が

「石灰が溜まっていますね~。麻酔をして簡単な手術をすればすぐよくなりますが・・・。」

とおっしゃいましたが、簡単な手術?いきなり??まずは痛み止めとかそういうのじゃないのか?と思い、

「いや、とりあえず痛み止めで様子をみます。」

と話し薬だけもらって帰りました。

 

先生に、原因はなんですか?と聞くと「老化ですかね~」と言われました・・・😔

そうですか・・・老化ですか・・・。。。

 

しかし、簡単な手術といえどもなんか怖くないですか?

絶対に手術をしないと良くならないならともかく、他にも方法があるのならそちらを・・・と思い自分でも調べてみることにしました。

 

石灰沈着性腱板炎とは 

石灰沈着性腱板炎とは、肩腱板の表層や腱板の上腕骨付着部に石灰が生じる病気です。

40~50歳代女性に多く、突然誘因なく激痛が走り、腕を動かすことができないのが特徴です。

四十肩や五十肩などの他の肩関節疾患と似た症状ですが、レントゲン撮影で石灰が確認でき診断します。 

この石灰とはリン酸カルシウムのことです。 

 症状

肩関節の動きを伴う様々な動作に支障をきたします。

発症後1~4週間、強い症状が出る急性型、中等度の症状が1~6ヶ月続く亜急性型、運動時痛など6ヶ月以上続く慢性型があります。

 

私の場合は強い症状が出る急性型だったようです。

とにかく1ミリたりとも動かしたくない!! 歩くのも大変でした😭

 原因

・加齢に伴う腱板の変性や血行不良など

・骨に必要なカルシウム量を維持するために、腸からの吸収と尿からの排泄でバランスをとっているが、尿から排泄しきれなかったカルシウムが、年齢とともに体の中(血管内膜や関節の腱、靱帯)に蓄積してしまいます。

これがどんどん溜まって膨らんでくると痛みが増していきます。

 

やはり加齢・・・ですか。。。😓

 治療

一般的には消炎鎮痛剤の内服や副腎皮質ホルモン剤の腱板周囲への注射がよく行われます。

針を刺して沈着した石灰を吸引することもあります。痛みが強いときには安静にすることが重要で、程度に応じて三角巾などを用います。

1週間くらいでこの石灰は吸収され痛みは軽快しますが石灰が硬くなり炎症が消失せずに痛みが続く場合は、内視鏡を用いた手術で石灰を摘出することを検討します。

 

とりあえず手術ではなく痛み止めを内服して様子見、ということで良かったようです。

予防法

加齢が原因といっても、石灰化を防ぐことができるのならやっておきたい。 

●酸性体質を改善

・夜遅く食べない

・酢、野菜、海藻などアルカリ性食品を摂る

・体を適度に動かす

・便秘にならないようにする

 

●こまめに姿勢を変える

長時間座ったり、同じ姿勢を続けたりすると、腰や首などに負担がかかり、そこにカルシウムが沈着しやすくなる。

こまめに姿勢を変える、体操をするなどして体を柔らかくしておくことが大切。

 

さいごに 

私の場合、痛みは2、3日をピークにだんだん良くなってきましたが、2週間近く腕の可動域が制限されました。

右手が使えないだけでこんなに不自由だとは思いもしませんでした。

 

でも、なぜ40歳~50歳の女性に多くみられるのでしょう・・・?。

更年期とかも関係しているのでしょうか?

なんにしろ女性の40歳~50歳はいろんなところに不調がでてきます。

体が不調だと何をするにしてもやる気が出ませんからね・・・。

日頃から自分の体を労りながら生活をすることを心掛けていきたいと思います😊